NAVI

離婚の手続きについて

夫の定年退職後に離婚した熟年夫婦の場合
現在の日本では離婚率が増えていることが挙げられます。離婚に至る理由はまさに人それぞれです。近年ではDVも増えていることも注目されています。しかし、離婚は大体の想像は出来ても、実際にどのように手続きすればいいのかよく分からない人が多くいます。離婚の流れについて簡単に説明してみます。まず、一番多いパターンが協議離婚です。二人が話し合ってすんなり別れることが決まれば、離婚届を出せば離婚できます。これはシンプルでわかりやすいです。しかし、どちらか一方が離婚したくない場合や条件などでもめると家庭裁判所へ申し立てて離婚調停をすることになります。子供の親権や養育費などについて争うことがあります。調停離婚をしても、もめる時には、裁判所へ申し立てをして、裁判離婚になります。離婚でもめると手続きが面倒だったり、お金もかかり、期間も長くかかります。また精神的にも大きなダメージがあるので離婚をすることはとても大変なことです。子供にも大きな負担がかかるものです。

近年ではDVがきっかけで離婚を決意する女性が増えています。DV問題は全国的に増えているので、地方の自治体でも取り組んでいるので、相談できる場所が増えています。しかし収入がない人や小さな子供がいる人にとっては、離婚をするための行動に移せず悩んでいる人も多くいるものです。現代では法テラスが増えているので、利用することをオススメします。手続きの進め方などいろいろなことに相談に乗ってくれます。

関連情報