NAVI

離婚の際に大切なポイント

夫の定年退職後に離婚した熟年夫婦の場合
結婚生活が上手く進んでいるように見えても、やはり家庭ごとに色々な問題を抱えているものですから、その中で残念ながら離婚となってしまう夫婦も沢山おられます。その中には、円満離婚と言われ問題なくスムーズに進むケースもあれば、泥沼にはまりもめてしまうケースも多々あるようです。出来れば、問題なくスムーズに進めて行きたいものですが、離婚をしようと思ったら、ココはきちんとしておかなければ、と言うポイントがいくつかあります。きちんと話し合いが可能な相手であるならば、話して決めておいた方が後々拗れずに済みます。

例えば、お金に関する問題です。財産分与や慰謝料はもちろんの事、子供が居る家庭であれば養育費の問題もあります。財産分与に関しては、離婚理由に関わらず、夫婦どちらにも受け取る権利がありますので、きちんと明確にしておく必要があります。また慰謝料ですが、これは例えば浮気とか離婚に関わる重大な責任があった場合には請求できます。お互い様と言う事であれば、慰謝料などはなく離婚成立する場合もあります。また養育費ですが、これは離婚した相手に支払うものではなく、自分の子供に対して支払う物です。親が子を養育する為にお金を出すと言うのは当たり前の事ですから、これに関してはきちんと支払う、または受け取る義務があります。金額や何年間支払うのかなどはそれぞれ違いますから、きちんとした取り決めが必要です。

また。子供が居れば親権問題も出て来ます。親権に関しては、どちらの親がなっても良いですが、夫婦が離婚しても子供にとの親子関係は一生続きますので、離婚成立後も親子は合う権利があります。面会出来る回数など、きちんと取り決めしておかなければ、親権問題も後々の揉め事の原因となります。