NAVI

離婚したとき分割年金について

夫の定年退職後に離婚した熟年夫婦の場合
離婚したときに、妻が受給できる年金支給額は法律の改正があり、平成19年4月1日以降に離婚した場合は、夫が受ける老齢厚生年金(報酬比例部分)の最高50%を上限として、妻が受け取れるようになり、これを「分割年金」と言います。報酬比例部分と言うのは、納入した年金保険料に比例して増減する年金の事ですが、従来に比べて離婚した際は妻が受け取れる年金が増えたと言う事です。妻の受け取り分については、夫婦間の合意によって決めるか、合意できなかったときは、家庭裁判所で決めてもらう事になります。

平成20年4月以降に離婚した場合は、結婚から平成20年3月までの分は夫婦間の合意によるか、家庭裁判所の決定による金額、平成20年から離婚までの分は妻の請求により50%の金額、と言う二つの分割年金になります。分割をされた人、つまり離婚した夫が退職年金を受給している場合であっても、分割を受けた妻が直ちに年金を受給できる訳ではなく、年金を受給するには、受給要件「受給開始年齢や受給資格期間」を満たしていなければなりません。妻が受け取る分割年金の条件については、離婚2年以内に、夫婦間での分割割合を合意した上で、管轄の社会保険事務所に年金分割の請求手続きが必要です。結婚して以降の厚生年金保険料納付分が分割の対象となります。平成19年以降に離婚した人が年金分割の対象者で、それ以前に離婚した人は対象となっておりません。離婚した夫がもし亡くなった場合でも、妻の年金受給額が変わることはありません。

関連情報